あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

三宅由佳莉セレクション(2)

 先日、「三宅由佳莉セレクション」という記事を書きました。

www.capitandiaryblog.com

 音楽隊の動画の世界では、知らぬ者のない「h1way2012」さんが、コロナ騒動で音楽隊の演奏会が全て中止となってしまい、再開の目処すら立たない現状を憂い、きっと寂しい思いをしているであろう全国の多くのファンのために、これまで撮りためた三宅由佳莉さんの動画を「三宅由佳莉セレクション」と銘打って編集してくださっているのを知り、是非みなさまにお知らせしたくて書いたものです。

 セレクション1では、2016年自衛隊音楽まつりのオープニングで「アフリカンシンフォニー」をヴォカリーズで凛々しく歌われるシーンから始まり、ランチタイムコンサートでの「レット・イット・ゴー」(2014年)、「どこまでも "How far I'll go"」(2017年)、「ユー・レイズ・ミー・アップ」「アメイジング・グレイス」(2015年)がセレクトされています。

www.youtube.com

 また、セレクション2では、2018年6月、栄オアシスでのランチタイムコンサートで歌われた「残酷な天使のテーゼ」から始まり、同年4月に樫原神宮で開催された神武祭トワイライトコンサートでの「スタンド・アローン」「祈り」「われは海の子」を、

www.youtube.com

それぞれ編集して下さいました。いずれも、まさに名唱と言ってよいシーンばかりがセレクトされています。

 お忙しい中、大変な労力をかけて編集されていることは重々承知の上で、「ひょっとしたらもっと増えるかも知れません」などと、勝手な願望を交えて書いてしまいましたが、なんと、本当に続編を編集してくださっていました。

 数日前に気づき、すぐにこの記事を書こうと思っていたのですが、ちょっと手が回らず遅くなってしまいました。

 

 新たにアップされたのは「三宅由佳莉セレクション」の3と4の2本です。

 セレクション3では、2017年6月に横浜港大桟橋で開催された開港記念祭での演奏会で披露された「海の声」のしっとりとした歌唱から始まり、同演奏会での「宇宙戦艦ヤマト横浜開港祭2017(ふたまるひとなな)組曲」がセレクトされています。思わず引き込まれます。

www.youtube.com

 そしてセレクション4では、2018年9月に新宿三井ビルで開催されたランチタイムコンサート(木曜コンサート)での「ハナミズキ」の感動的な歌唱に始まり、水曜コンサートでの「時の流れに身をまかせ」(2014年)、日米親善フレンドシップデイ(岩国)で歌われた「木綿のハンカチーフ」(2015年)がカバーされています。いずれも、なかなか聴く機会のない曲ばかりですね。特に「時の流れに身をまかせ」など、個人的にはテレサ・テンさんの思い出も重なり、心震える1曲です。

www.youtube.com

 いかがでしたでしょうか、数ある三宅由佳莉さんの動画の中から、セレクトするだけでも大変な検討が必要だったと思います。「h1way2012」さんには、本当に感謝の言葉もございません。