あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

あなたにとどけ 希望の種まく大湊音楽隊 

f:id:RetCapt1501:20200324111628j:plain

 先日「お詫び」という記事と言いますか、本当のお詫びを書きました。事もあろうに東京音楽隊のことを横須賀音楽隊と紹介してしまったのですから、お詫びの気持ちもさることながら、今まで何を見てきたの? と、自分にがっかりしてしまいました。

 そんな、がっかりな「お詫び」にコメントを寄せられた「作戦参謀」さんが、目の覚めるような動画を紹介して下さいました。

 大湊音楽隊による「パプリカ」の演奏なのですが、私は瞬く間にこの動画の世界に魅了されてしまいました。

 もちろん、これまで、東京音楽隊や横須賀音楽隊が歌い踊る「パプリカ」は何度も拝見してきました。東音の中川麻梨子さん、横音の渡辺彩乃さんなど、所謂スターがリードするステージは間違いなく素敵ですしとても楽しめます。最近は帰国された三宅由佳莉さんのステージも拝見しましたが、その華やかさは言うまでもないでしょう。

 でも、今回の大湊音楽隊の動画は、そのような華々しいステージとはちょっと異なる切り口で、この歌の世界を創り上げているように感じられます。なんと言えばいいのか、楽しいとかいう前に、この歌の歌詞とメロディが静かに呼び覚ます、心の奥にしまっておいた小さな胸の痛みの記憶への郷愁にも似た感傷をとても自然に引き出して、聴く者が自分を許して一歩前へ進もうとする背中をそっと押してくれるような、大きな優しさに満ち溢れている、そんな気がします。

 だから、見終わった後に、温かいものが心に残るんだと思います。

 途中、大湊に所在する、護衛艦、ヘリ部隊、水中処分隊などの隊員が 参加して、なんとも心温まるパプリカダンスを披露してくれるのですが、私は、歌を歌い、終始ダンスをリードする「大石あや」さんのキャラクターがとても重要だと思いました。

 とても素直に、でも心を込めて歌っておられるのがよく分かります。この曲だからこそ特にそう感じるのかも知れませんが、その素朴さに心を打たれます。

f:id:RetCapt1501:20200326213049j:plain

 そして、この動画は、コロナ騒動で沈滞している日本国民に対する応援メッセージだと理解しました。大石さんの歌声、そして動画に登場する隊員の皆さんの様子から、それが強く感じられたからです。良い動画です。

 まさに、大湊音楽隊が、そして大湊所在部隊が、「あなたに届け」との思いを胸にこの動画作成に取り組んだのがよく分かります。

 残念なのは、この記事を書いているうちに、肝心の「動画」が非公開になってしまっtことです。何故なんだろう。特段問題があるとは思えないのに…

 

 

 でも、私はある推論の下、この動画が再び公開されるに違いないと思っていますので、そのまま埋め込んでおきます。

 再びこの素敵な動画を見ることができますように!

 この記事には続きがあります(╹◡╹)