あれこれdiary

海自OBによる偏見御免徒然あれこれdiary

信頼の蓄積

 先日、「進撃は続く」という記事で、アバター系のニュースチャンネル三宅由佳莉さんが取り上げられていたことを報告しました。

www.capitandiaryblog.com

 最近、この手のニュースチャンネルが大変多くなっています。

 今回ご紹介するのも大くくりでは似た系統なのですが、アバターを用いず、投稿者がご自身の声でミリタリー系ニュースを解説している「専守防衛 or 積極防衛」というチャンネルです。

 毎日更新されているのですが、なかなかディープなところを突いてくる視点が興味深く、面白そうなテーマの時には、私も時々お邪魔しています。硬い話題なのに語り口がちょっとユーモラスで、時々、ご自分の考えをきっぱりと述べた後に「知らんけど」とちょっと逃げを打つところがまた可笑しくてハマります。

 今回取り上げるのは、3月28日にNHKBS1スペシャルで「自衛隊が体験した”軍事のリアル”」という番組が放送されるのに先立ち、同番組が公開した記事をもとにして26日に投稿されたものです。昨年の2月に米カリフォルニア州フォート・アーウィンにある、東京都がすっぽり収まるほどの巨大演習場で行われた、陸上自衛隊と米陸軍による実戦さながらの共同演習を密着取材したものです。

www.youtube.com

 私がこの動画を確認したのは昨日でしたので、この番組自体を観ることはできなかったのですが、動画の中で、中東の乾燥地帯を彷彿とさせる環境下で行われたこの共同訓練の様子の一部を観ることができます。

 このような共同大演習が行われるに至った背景には、我が国を取り巻く安全保障環境の緊迫化があるのは間違いありません。動画では、日米双方の意思の疎通も非常に円滑であることがよく判ります。共同演習は、術力の演練を通じて相互理解と意思の疎通を図ることはもちろんですが、固い信頼関係が構築されていることを国内外に知らしめることも重要な目的の一つです。

f:id:RetCapt1501:20200401202006j:plain

 この動画を拝見しながら、思い出したことがあります。

 私が、目黒にある統合幕僚学校に入校していたとき、部隊研修で座間の在日米陸軍司令部を訪れたことがあります。

 司令部の作戦室で、司令部参謀からのコマンドブリーフィングを受けたのですが、陸上自衛隊との連携等に関する説明の中で、一つのエピソードを紹介してくれました。

 ブリーフィングは、担当参謀が説明を行い、米陸軍に雇用されている日本人通訳スタッフの女性が逐次通訳してくれる形で進められていました。米軍に雇用されている通訳は、英語に関してはほとんどネイティブに近い方ばかりですし、コンテンツに対する理解も深く、大変優秀で翻訳が的確です。

 その参謀は、以前アフガニスタンでの作戦に参加したことがあるのだそうですが、ある時、在カブール各国大使館付武官団による視察があり、前線後方に設けられた拠点司令部で戦況等の概要を説明したとのことでした。

 ブリーフィングに引き続き、「リスクはありますが、ご希望があれば、ヘリコプターで前線の視察をしていただくことができます」と武官団に提案した、というところで、その女性スタッフの声が止まってしまいました。必死に耐えておられましたが、嗚咽が漏れてきます。

 一時の間をおいて、姿勢を正した後、彼女は敢えて(だと思います)淡々と続けました。

 この前線ツアーの提案に、手を挙げる者はいませんでした。みんな危険を冒してまで視察したいとは思わなかったのです。ただ一人を除いて。

 当時、在アフガニスタン日本大使館に新たに設けられた防衛駐在官として赴任していた陸上自衛官が、唯一前線視察を希望し、我々のヘリコプターに乗って、共に危険な前線まで足を伸ばしてくれました。彼にはもちろん、そのような危険を冒す義務など全くありませんでしたが、それでも危険を分かち合い、我々の前線部隊を視察してくれた彼の勇気に感動しましたし、陸上自衛隊は信頼に足る同盟軍であると強く認識しました。

 本当に淡々とした通訳でしたので、彼女の嗚咽の意味がその時は汲み取れなかったのですが、後で考えると、ブリーファーの言葉の持つニュアンスは本当に深いものがあったに違いないと思いました。

 それが、彼女には嗚咽を漏らすほどの感動だったのでしょうし、日本人として強い誇りを感じた瞬間だったのではないかと思います。

 こうした、一人一人の自衛官の小さなエピソードの積み重ねというものが、日米同盟を少しずつではあるかもしれませんが、盤石なものに育ててきたのではないかと思います。それは、自衛官をはじめとする政府関係者に止まりません。国際協力団体や海外青年協力隊、海外に展開する民間企業の最前線で活躍されている多くの日本人が、各々の現場で示し続けている誠意や勇気というものが、日本という国に対する信頼を、僅かずつでも高めてくれていますし、転じて我が国の安全保障にも大いに寄与してくれているんだと思います。

 東日本大震災の折、日本に比べれば遥かに経済規模の小さい多くの国々から、どれほどの義捐金や支援物資が届けられたことでしょう。彼らはこう言っていたんです「日本に恩返しする時だ」と。

合掌🙏

  先ほど、小池百合子東京都知事が、緊急記者会見を開き、当分の間夜間の飲食店への出入りを控えるよう都民に訴えました。

 週末の外出を控えるようにとの先週の要請に引き続き、私企業の営業に重大な影響を及ぼすこのような要請を首長が行うのは異例のことですが、強制力を持った規制の根拠を欠く中、東京都としてはいよいよ正念場との覚悟を決めたということでしょう。

 そのような切羽詰まった状況に至っていることを象徴するニュースがありました。

 今朝、人気コメディアンの志村けんさんが新コロナウイルスへの感染に伴う肺炎によりお亡くなりになったとの悲報に接し、言いようのない喪失感に襲われたのは私だけではないでしょう。

 

 志村さんは、それまでにない、新たな笑いの地平を精力的に切り拓き、「志村けん」という一つのジャンルを創り上げた、と言っても過言ではないと思います。

 数多くのレギュラー番組を抱えておられましたが、「志村動物園」などでは、志村さんの心底温かい人柄が溢れていましたし、いつもみんなが幸せになることを望み、みんなの笑顔を見るために努力を怠らない、そういう人に違いないと思いました。

 もう何年もの間テレビを見る習慣のない私ですが、かつて拝見していた番組での、志村さんの姿が目に浮かびます。

 多くの国民が、先行きの見えない息苦しさを感じている今こそ、志村さんには活躍して欲しかった。いや、あと100年くらい頑張って欲しかった。残念でなりません。

www.youtube.com

 天国への階段を上りながら、下界の私たちを見下ろして、「大丈夫だぁ」とか言ってるんでしょうか、「志村の勝手でしょ〜」って、それはないよ志村さん(T_T)

三宅由佳莉さんが歌う「南風が吹いたら」

f:id:RetCapt1501:20200329015947j:plain

 さて皆さま、前回、「海自音楽隊の大作戦発動か」という、勝手な憶測記事を書きました。

www.capitandiaryblog.com

 演奏会が全て中止となり、再開の目処も立たない中、自分たちの重要な任務の一つである「国民との架け橋になる」という部分をどう実現していくのか、おそらくビデオ演奏会を公開するのではないか、そしてそれが始まったのではないかという内容でした。

 その後、大湊、横須賀に続き、舞鶴音楽隊も応援メッセージビデオを製作してYouTubeにアップしたことが、「ゆきかぜ」さんからの報告でわかりました。

www.youtube.com

 やっぱり、大作戦が進行中のようです。

 一連の「コロナに負けるな」応援メッセージビデオ大作戦の今後が楽しみですね。

 そんな中、一つのテレビ番組が放映されました。

 東日本大震災からの10年目に入った今、歌を軸に復興への思いにを新たにしようという番組なのですが、横須賀音楽隊が出演しています。モンスターさんからの情報です。

 

 「私たちの震災10年目〜あの日を伝えるアンサンブル〜」と題したこの番組は、ローカル局のみの放送なのですが、千葉テレビ群馬テレビではすでに昨日放送され、本日はテレビ埼玉とちぎテレビ、そしてテレビ神奈川が、また明日はサンテレビが放送します。

 すでにご覧になった方々からは、素晴らしかったとのコメントが寄せられています。

 放送予定を、昨日分も併せて掲載します。私が住む神奈川県では本日(実際には明日になってからですが)の深夜に放送されます、楽しみです。
2020年3月28日(土)
 ・千葉テレビ  9:30~10:00
 ・群馬テレビ  11:30~12:00
2020年3月29日(日)
 ・テレビ埼玉  10:30~11:00
 ・とちぎテレビ 14:00~14:30
 ・テレビ神奈川 25:30~26:00(30日(月)1:30~2:00)
2020年3月30日(月)
 ・サンテレビ  25:30~26:00(31日(火)1:30~2:00)

 詳しい情報は下のリンクからどうぞ。

prtimes.jp

 上の記事の中に埋め込まれている動画があります。

www.youtube.com

 この動画のBGMとして流れているのは「明日という日が」という曲です。東日本大震災の被災者への応援メッセージとして書かれたとても美しい曲です。2014年に舞鶴音楽隊が開催した「海フェスタ マリンコンサート2014」にゲスト出演された三宅由佳莉さんのが、この曲を歌われ、その素晴らしい歌唱が、「I love brass」さんの動画として記録されています。このコンサートにおける三宅さんの4曲の歌唱は、いずれも掛け値無しの素晴らしさで、こんな貴重なシーンを動画に残してくださった「I love brass」さんに贈るべき感謝の言葉も見つかりません。

 上の動画のBGMで流れているのは、この時の三宅由佳莉さんの歌です。何度も何度も聴き込みましたから、間違いありません。本当に感動したんです。

 私はその感動を伝えたくて1本の記事を書きました。前回の記事にもリンクを貼りましたので読まれた方もおられるかもしれませんね

www.capitandiaryblog.com

 そして、その作曲者である八木澤教司(やぎさわ・さとし)さんが、あの震災を風化させてはならないという思いで、改めて被災地を訪れ、多くの人々から直接お聴きになった「復興への思い」をもとに作曲された新曲が「南風が吹いたら」です。

 この新曲の演奏収録に協力したのが横須賀音楽隊でした。もちろん三宅由佳莉さんが歌います。世界初演が、テレビ放映となりました。

 この番組をご覧になったFUJI20171118さんが、この曲の部分のみYouTubeにアップしてくださっていますので、ここに埋め込みさせていただきます。

www.youtube.com

 復興への思い、そうです、あの日の恐怖、痛み、慟哭、悲しみ、辛さ、張り裂ける思い…それらを忘れることはできないけれど、生きている限り前を向いて歩いていかなければならない、いや、歩いて行くんだ、そういった被災地の思いというものが、この美しい旋律、思慮深く編まれた歌詞に込められています。

 そして、その美しい曲を、感性豊かな横須賀音楽隊の演奏に乗せて、三宅由佳莉さんの情感溢れる歌声が綴っていきます。

 恥を忍んで申しますと、2年余りこのブログを続けてきて、三宅由佳莉さんのことが何となく分かってきたつもりになっていました。

 この曲を聴いて、自分は何と浅薄な人間なのかと思い知らされました。

 なんて奥の深い方なんだろう、なんて健やかな心を持ち、そして慈しみに溢れているんだろう。

 八木澤さんは、この歌を三宅由佳莉さんに歌って欲しかったんだと思います。三宅さんに表現して欲しかったんだと思います。そして、八木澤さんのイメージ通りにこの曲は世界初演を飾ることができたに違いないと私は確信します。

海自音楽隊の大作戦発動か

 昨日、「あなたにとどけ 希望の種まく大湊音楽隊」と言う記事を書きました。作戦参謀さんが紹介してくださった大湊音楽隊のパプリカ動画があまりにも素敵だったものですから、その紹介記事を書いたのです。

www.capitandiaryblog.com

 ところが、画竜点睛を欠くこと甚だしいことに、記事を書いているうちに、肝心の動画が「非公開」になってしまったのです。なんたることだ(≧∀≦)

 そして、同じタイミングで、横須賀音楽隊による応援メッセージビデオ(第1弾)がアップされたことは皆さんご存知のことと思います。

 え?初耳? と言う方は下に埋め込みましたので、是非ご覧になってください。東日本大震災後の応援歌の一つとして作られた「明日という日が」が演奏され、三宅由佳莉さんの歌唱が、これでもかというほどのメッセージを伝えてくれますよ。

www.youtube.com

 この「明日という日が」を歌われる三宅由佳莉さんについて記事を書いてますので、併せてお読みいただけると幸いです。

www.capitandiaryblog.com

 さて、今回の横須賀音楽隊の応援メッセージビデオでは、長岡隊長が、自らのメッセージで、今次のコロナ騒動で気分が下がっているであろう我が国民を応援することが目的であるとはっきり伝えられました。演奏会が開催できない中、どうやって国民との架け橋になるべきかを模索した結果なのでしょう。素晴らしいビデオコンサートになりましたね。

f:id:RetCapt1501:20200327220807j:plain

 さて、昨日の大湊の記事で、「この記事には続きがあります」と書きましたが、それがこの横須賀音楽隊の動画のことでした。

 私は、大湊音楽隊の動画が突然「非公開」になった理由とも関係があるのかな、と思っています。

 海上自衛隊の6個の音楽隊は、指揮系統上、何らの関係もありません。東京音楽隊は大臣直轄部隊として海上幕僚監部の管理下にありますし、横須賀〜大湊の各地方音楽隊はそれぞれ隷属する地方総監の直轄部隊として各地方総監部の管理下にあります。

 それでも、音楽隊としての運用要領や隊員技能の管理要領等がバラバラにならないよう、東京音楽隊長が「タイプ統制官」として、それらを統制しています。

 しかしながら、それはあくまで「タイプ統制」であって、それを踏まえた「タスク統制」はそれぞれの指揮系統により行われます。

 おそらく、各音楽隊とも、演奏会が開けない中で、国民との架け橋になるという任務を果たしていくためには動画によるメッセージ公開以外にないとの結論に達したのであろうことは想像に難くありません。ただ、海自音楽隊としての全般方針的なものがあったわけではないでしょう。

 あくまで私の想像に過ぎませんが、各音楽隊はこの情勢下に国民を激励するためのビデオコンサートの作成を行なっているはずです。それと並行して、海自として音楽隊を用いて国民を応援する活動の検討がなされていたのではないかと思います。

 そんな中、いち早く公開された大湊音楽隊の動画は、何らのコメントもありませんでしたが、国民を応援するメッセージであることが強く感じられました。

 それと相前後して、海自としての方針が定められたのではないかと思います。ですから、大湊の動画がひとまず「非公開」となったのは、国民に対する応援ビデオであることを明示した形に再編集するためでははないかと思った次第です。

 また、海上自衛隊の部隊序列は、横須賀、呉、佐世保舞鶴、大湊の順になっていますので、その順番に動画が公開されていくということなのかも知れません。

 いずれにしましても、海上自衛隊音楽隊による、応援メッセージビデオ公開と言う大作戦が始まったのではないか、そんな気がします。

 とは言え、慣れないビデオコンサートですから、各隊とも苦労が絶えないと思います。でも、ひょっとしたら、普段の演奏会以上に支持を獲得できる機会になるかも知れませ。今後の海自音楽隊の動向に注目したいと思います。

あなたにとどけ 希望の種まく大湊音楽隊 

f:id:RetCapt1501:20200324111628j:plain

 先日「お詫び」という記事と言いますか、本当のお詫びを書きました。事もあろうに東京音楽隊のことを横須賀音楽隊と紹介してしまったのですから、お詫びの気持ちもさることながら、今まで何を見てきたの? と、自分にがっかりしてしまいました。

 そんな、がっかりな「お詫び」にコメントを寄せられた「作戦参謀」さんが、目の覚めるような動画を紹介して下さいました。

 大湊音楽隊による「パプリカ」の演奏なのですが、私は瞬く間にこの動画の世界に魅了されてしまいました。

 もちろん、これまで、東京音楽隊や横須賀音楽隊が歌い踊る「パプリカ」は何度も拝見してきました。東音の中川麻梨子さん、横音の渡辺彩乃さんなど、所謂スターがリードするステージは間違いなく素敵ですしとても楽しめます。最近は帰国された三宅由佳莉さんのステージも拝見しましたが、その華やかさは言うまでもないでしょう。

 でも、今回の大湊音楽隊の動画は、そのような華々しいステージとはちょっと異なる切り口で、この歌の世界を創り上げているように感じられます。なんと言えばいいのか、楽しいとかいう前に、この歌の歌詞とメロディが静かに呼び覚ます、心の奥にしまっておいた小さな胸の痛みの記憶への郷愁にも似た感傷をとても自然に引き出して、聴く者が自分を許して一歩前へ進もうとする背中をそっと押してくれるような、大きな優しさに満ち溢れている、そんな気がします。

 だから、見終わった後に、温かいものが心に残るんだと思います。

 途中、大湊に所在する、護衛艦、ヘリ部隊、水中処分隊などの隊員が 参加して、なんとも心温まるパプリカダンスを披露してくれるのですが、私は、歌を歌い、終始ダンスをリードする「大石あや」さんのキャラクターがとても重要だと思いました。

 とても素直に、でも心を込めて歌っておられるのがよく分かります。この曲だからこそ特にそう感じるのかも知れませんが、その素朴さに心を打たれます。

f:id:RetCapt1501:20200326213049j:plain

 そして、この動画は、コロナ騒動で沈滞している日本国民に対する応援メッセージだと理解しました。大石さんの歌声、そして動画に登場する隊員の皆さんの様子から、それが強く感じられたからです。良い動画です。

 まさに、大湊音楽隊が、そして大湊所在部隊が、「あなたに届け」との思いを胸にこの動画作成に取り組んだのがよく分かります。

 残念なのは、この記事を書いているうちに、肝心の「動画」が非公開になってしまっtことです。何故なんだろう。特段問題があるとは思えないのに…

 

 

 でも、私はある推論の下、この動画が再び公開されるに違いないと思っていますので、そのまま埋め込んでおきます。

 再びこの素敵な動画を見ることができますように!

 この記事には続きがあります(╹◡╹)

 

三宅由佳莉セレクション(2)

 先日、「三宅由佳莉セレクション」という記事を書きました。

www.capitandiaryblog.com

 音楽隊の動画の世界では、知らぬ者のない「h1way2012」さんが、コロナ騒動で音楽隊の演奏会が全て中止となってしまい、再開の目処すら立たない現状を憂い、きっと寂しい思いをしているであろう全国の多くのファンのために、これまで撮りためた三宅由佳莉さんの動画を「三宅由佳莉セレクション」と銘打って編集してくださっているのを知り、是非みなさまにお知らせしたくて書いたものです。

 セレクション1では、2016年自衛隊音楽まつりのオープニングで「アフリカンシンフォニー」をヴォカリーズで凛々しく歌われるシーンから始まり、ランチタイムコンサートでの「レット・イット・ゴー」(2014年)、「どこまでも "How far I'll go"」(2017年)、「ユー・レイズ・ミー・アップ」「アメイジング・グレイス」(2015年)がセレクトされています。

www.youtube.com

 また、セレクション2では、2018年6月、栄オアシスでのランチタイムコンサートで歌われた「残酷な天使のテーゼ」から始まり、同年4月に樫原神宮で開催された神武祭トワイライトコンサートでの「スタンド・アローン」「祈り」「われは海の子」を、

www.youtube.com

それぞれ編集して下さいました。いずれも、まさに名唱と言ってよいシーンばかりがセレクトされています。

 お忙しい中、大変な労力をかけて編集されていることは重々承知の上で、「ひょっとしたらもっと増えるかも知れません」などと、勝手な願望を交えて書いてしまいましたが、なんと、本当に続編を編集してくださっていました。

 数日前に気づき、すぐにこの記事を書こうと思っていたのですが、ちょっと手が回らず遅くなってしまいました。

 

 新たにアップされたのは「三宅由佳莉セレクション」の3と4の2本です。

 セレクション3では、2017年6月に横浜港大桟橋で開催された開港記念祭での演奏会で披露された「海の声」のしっとりとした歌唱から始まり、同演奏会での「宇宙戦艦ヤマト横浜開港祭2017(ふたまるひとなな)組曲」がセレクトされています。思わず引き込まれます。

www.youtube.com

 そしてセレクション4では、2018年9月に新宿三井ビルで開催されたランチタイムコンサート(木曜コンサート)での「ハナミズキ」の感動的な歌唱に始まり、水曜コンサートでの「時の流れに身をまかせ」(2014年)、日米親善フレンドシップデイ(岩国)で歌われた「木綿のハンカチーフ」(2015年)がカバーされています。いずれも、なかなか聴く機会のない曲ばかりですね。特に「時の流れに身をまかせ」など、個人的にはテレサ・テンさんの思い出も重なり、心震える1曲です。

www.youtube.com

 いかがでしたでしょうか、数ある三宅由佳莉さんの動画の中から、セレクトするだけでも大変な検討が必要だったと思います。「h1way2012」さんには、本当に感謝の言葉もございません。

お詫び

 昨日、「横須賀音楽隊の近況」という記事を投稿しましたが、演奏していたのは東京音楽隊、指揮は音楽科長の本田2尉であったことが判りました。

 遠景で、識別できなかったこともありますが、十分な確認を取らずに思い込みで記事にしたことで、ご迷惑をおかけいたしました。

 申し訳ありません。